貿易戦争は続く

水曜日のドル円はやや上昇。20:45にトランプが中国投資制限について最も厳しい措置を取らないと決めた、とのことを受けて上昇。

ユーロドルは下落。欧州時間から断続的に下げ続ける。

中国投資制限については、大統領権限での制裁措置発動を見送り、既存の対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を拡大するという手段を取る、という内容のことらしい。方法論であり、貿易戦争で中国と戦う流れは変わらない。

日経新聞 外資制限、米議会で審議 トランプ氏、対中強硬策見送り

上下に値幅が狭まってきたドル円は、エネルギーを溜めながら次の出方を探る。上値は6/21の高値110.75から、下値は雲上限の109.72から。

下げ足を強めたユーロドルは6/21の安値1.1507を射程に収める。

今日は21:30の米GDP確定値などが材料。

ポジションなし

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント