FC2ブログ

ナバロが貿易戦争の足並みを乱す

月曜日のドル円は続落。東京時間、欧州時間、NY時間と安値を更新してジリジリと下値を攻める。が、4:30にナバロNTC委員長の「トランプの貿易政策について誤解がある、4%成長に強気」との発言を受けて一時急反発も、下落基調は変わらず。

ユーロドルは続伸。NY時間に高値を更新し、引き続き高値圏で推移。

ナバロ発言を詳細に見ると"There's no plan to impose investment restrictions on any countries that are interfering in any way with our country."とのことだが、これはトランプの方針と明確に齟齬が生じているように見える。ナバロもそのうち解任されてしまうのかな。

雲に足を突っ込み始めたドル円だが、依然居心地のいい水準にいることには変わりない。短期的には上値は5/21の高値111.39、下値は5/29の安値108.10に挟まれての動き。目先値崩れが加速しないかだけは注意する。

転換線、基準線を跨いだユーロドルは、6/14の高値1.1851までもう一段上値余地が広がる。中期下落トレンドは変わらないものの、上下の思惑が交錯していく。

今日は中銀メンバーの講演や米指標が控えるが、いずれも大きな影響はなさそう。

ポジションなし

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント