FC2ブログ

今日はFOMC議事要旨に材料を探す

火曜日のドル円は小安く推移。

ユーロドルは欧州時間序盤に上値を試す局面があるも、行って来い。その後は方向感なく推移。

調整気味に下げているドル円だが、方向性は上。上値は5/21の高値111.39から、下値は転換線の110.26から。

転換線の手前で失速した形となったユーロドルはやはり下方向。上値は転換線の1.1855から、下値は5/21の安値1.1716から下値トライへと歩を進める。

今日は3:00のFOMC議事要旨が焦点。前回会合ではインフレに自信を示し経済認識は下方修正の結果だった。今後の利上げペースを決める材料が微妙に変化している中、指標などの具体的な基準が見えてくるか注目。

ポジションなし

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント