週初のリスクオフは戻し気味

月曜日のドル円は、ISM製造業は小幅悪化も影響は小さかったが、その後株安に従って値を崩す。火曜東京時間は株安が一服で反発している。

ユーロドルも行ってこい。株価につられてドル円と同様の展開。

転換線レベルがサポーティブに機能しているドル円は、引き続き難しい局面。上値は3/28の高値107.00、下値は3/26の安値104.62をそれぞれ関門とする。

ユーロドルも引き続き次の動き出しを待つ。昨日は下方向に動き出すかに見えたが後続なし。引き続き三角保ち合いを続ける。

今日は特段の材料はない。週初のリスクオフの動き出しが一過性かどうかを確かめる。

ポジションなし

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント