3/2の安値も更新のドル円

木曜日のドル円は3/2の安値をトライ。21:45に一旦面合わせして調整気味に反発し、1:15には米政府が中国の知財侵害関税を発表したタイミングで謎の反発。その後株価下落に合わせて再び安値圏。金曜日早朝に3/2の安値を突破し、105円も割りこむ。日本CPIは1.0%上昇と市場の予想通り。その後は調整反発して安値圏での推移。日経平均も974円安の暴落。

ユーロドルは方向感なく推移。

3/2の安値を更新したドル円は引き続き中期的に下方向が強い。下落のペースは予想が難しいが、トランプラリー前の安値101.18付近まで下値目処は立たない。上値は転換線の105.96から。

基準線、転換線、雲上限の密集したエリアでもみ合うユーロドルは、次の動き出しに向けて段々とエネルギーを溜めている。2/16の高値1.2555トライか、3/1の安値1.2154を割り込むか、固唾をのんで見守る。

今日は米指標は影響は小さい。貿易戦争に絡んで下げてきている株価の動向と、ドル円の下げ具合に気を配る。

ユーロ円 売り 129.94

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント