FC2ブログ

ユーロドルは一旦足踏み、ドル円の下値はどうか

金曜日のドル円は一旦は下げ止まりも、調整の範囲内の動き。週が明けて今のところ様子見ムードで、方向感は出ていない。

ユーロドルは失速。高値からは160pipsの下げ幅となった。

下値目処がないままに下落を続けるドル円は、引き続き下方向が濃厚。上値は転換線の107.66が遠く、安値を追いかける展開が続く。

長期上昇トレンドのユーロドルは、最初の下値目処の転換線の1.2380に近づく。

今週は月曜日が米国休場、水曜日にFOMC議事要旨の、木曜日にECB議事要旨、金曜日に日本CPIが予定されている。米では今年3回の利上げは既定路線として、利上げや加速などの議論に注目が集まる。ECBも10月以降のスタンスに関する議論をウォッチ。日本は緩和解除も周回遅れだが、CPIが高まれば日銀の政策変更の期待感が高まる。

ユーロ円 売り 132.07

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント